着圧ストッキングにはオン・オフが必要

着圧ストッキングにはオン・オフが必要

着圧ストッキングにはオン・オフが必要

アミドボーテに限らず着圧ストッキングにはオン・オフが必要であると言われています。

 

つまり着圧ストッキングを履いている時と履いていない時の両方が必要だということです。
むくみが取れるからと着圧ストッキングを常時履いているのはかえって良くないのです。

 

前の記事でも解説した通り、着圧ストッキングは毛細血管の血流を一時的に止めて深部静脈の血流を増加させますが、毛細血管と言えど部分的に血流を止めているわけなのでそこにも血流を流してやる時間は必要なのです。

 

また、筋肉によるポンプ作用も着圧ストッキングに頼り切りでは衰えが心配されますので、筋肉のみで血流を送る時間を作って上げる必要もあるのです。

 

ですので、立ち仕事などむくみやすい時だけ使用してそうではない時などはなるべく着用しないという感じでオン・オフの時間を作ってあげることが着圧ストッキングを上手に利用するコツです。

 

 

アミドボーテについてはこちらの記事でも詳しく書いてます。

 

 

関連ページ

アミドボーテはドンキなどの店舗で買えるの?
アミドボーテは一部の実店舗で取扱があるそうですが、基本的にはネット通販限定での販売だと思って下さい。 扱っている店舗は本当にごく一部で、ドンキホーテなどでもアミドボーテは取り扱っていないそうです。 購入可能なのは・・・
このストッキングの効果とは
アミドボーテのストッキングの効果は着圧の圧力による血流の改善にあります。 一般的に知られるのは締め付けることで筋肉が血流を押し上げるポンプ効果をサポートすることで血流が良くなる効果だと思います。 ですが、